JCI 公益社団法人泉大津青年会議所

ABOUT US
泉大津青年会議所について

 

委員会事業方針

六十五周年準備委員会

委員長 竹谷 拓

 

◎事業方針

泉大津青年会議所は来年創立65周年を迎えます。創立以来、これだけの期間、会を存続できたのも、長きに亘る先輩方のご尽力、また、市民の皆様、行政の皆様、関係団体の皆様にお支え頂いたおかげであり、心より感謝申し上げます。来年大きな節目を迎えるにあたって、60周年の際に65周年、70周年を見据えて策定された中長期ビジョンに掲げられているテーマ「しあわせになれる地域(泉大津市・忠岡町)の実現」のビジョンを共有するとともにこれからの時代に沿ったものなのか検証を行い、また、中長期ビジョン事業八策も再認識し、今の我々にとって何が足りないのかを考え、65周年以降、JCI泉大津が地域でより活躍していけるように本年度から準備を進める必要があります。

 

まずは来年65周年を迎えるにあたり、入会年度の浅い会員にも中長期ビジョンを周知徹底するために、中長期ビジョンの勉強会を行います。そして、それと並行して現時点での地域のニーズとの差異を確認するため、60周年以降集積されてきたアンケートとの比較を行い、5年前に策定されたものが現状でも適しているのか、検証してまいります。さらに、一昨年より続く新型コロナウイルスの影響により、地域の人々の感情にどのような変化があり、どのような事業発信が望まれるのかをデータ化していくために、共通アンケートの内容精査に取り組み、より一層地域のためになる事業を発信する礎を構築してまいります。また、次世代を担うリーダーや10代、20代を育成する事業を展開していくために、中長期的に継続可能な事業を立ち上げ、中高生を対象とした、楽しんで社会への第一歩を踏み出す準備となる事業構築を行ってまいります。まずは、自身の将来と真剣に向き合い考えて頂くために、経験豊富な大人と意見を交わしながら想いをカタチにすることで、広い視野をもち未来を考える力を育みます。そして、相手の気持ちを考えて伝えることの重要性を知るために、想いを発表してもらう場をつくり、相手に伝わることの難しさを体感して頂くことで、自分自身を表現する術を学んで頂きます。さらに、社会の厳しさと楽しさを感じて頂くために、表現された内容に対して大人の目線からしっかりと評価したうえで、他者に相談しながら自身の想いを磨き上げ、努力して成功する達成感を味わってもらい、これらの経験を良き思い出として記憶に残すことで、これから待ち受ける様々な壁を乗り越える力として頂けるよう努めます。

 

私たち六十五周年準備委員会は、理事長のスローガンにある笑顔の響鳴の実現のために地域を巻き込んだ持続可能性の高い事業構築を行います。そして、一つ一つの事業に対して、自らが楽しんで笑顔で取り組み、関わる人々に笑顔の連鎖が生まれるように一年間邁進してまいります。さらに、本年度の取り組みが来年度に活かされ、先輩方とともに笑顔で65周年を迎えられるよう事業に取り組んでまいります。

 

◎事業計画

1.会員の育成と組織力の強化

2.認知からつながる会員拡大への挑戦

3.創立六十五周年に向けた検証と構築

4.中長期を見据えた事業の実施

5.OB合同事業の実施

6.訪台事業の窓口

7.卒業式への協力

8.全員で取り組む泉大津市制80周年記念事業の実施

ページトップへ