JCI 公益社団法人泉大津青年会議所

ABOUT US
泉大津青年会議所について

 

委員会事業方針

まちづくり委員会

委員長 野﨑 晃大

◎事業方針

コロナウイルスの影響により私たちの生活は一変しました。今までの当たり前は通用しなくなり、まちの人々は大変厳しい状況を耐え忍んでいます。昨年実施された地域住民を対象にした「JCI泉大津アンケート大作戦」では、地域経済の停滞が不安視されたのか地域産業活性化のための地場産業を活かした取り組みが多くの方に望まれていることが明らかになりました。また、外出自粛に対するまちの人々の不安や不満が多く、特に友人との交流や会食の機会が減少するなど、人との関わりが少なくなることへの不安やさみしさが表面化していることがわかりました。この状況を少しでも改善すべく、我々まちづくり委員会はまちの人々が不安に感じていることをまちの人々と一緒に解決できるように率先して行動し、新たな挑戦をしていく必要があります。

 

 今年度まちづくり委員会では、昨年実施された「JCI泉大津アンケート大作戦」の結果を踏まえ、まちの人々の不安を解消し、笑顔になってもらうことを目的に外食産業と地場産業をテーマにした事業を実施します。地域の飲食店が提供する多くの飲食にふれ、味わえる事業を行うことでまちの人々に食べ物には人を幸せにする素晴らしい力があることを再認識していただきます。そして、多種多様な業種の方が活躍する泉大津市・忠岡町の地場産品によるものづくりを広く多くの人に体験してもらうことでまちの人々の地域愛を醸成し、地場産業を盛り上げ、地域経済の停滞に対する地域住民の不安や不満を解消する一助とします。飲食を楽しみながらものづくりを体験することで、来場者も出店者も笑顔になり、ひいてはまち全体が笑顔になってまちに活力がみなぎっていくような事業を構築し、今年度の基本理念である「笑顔の響鳴」の実現を目指します。この事業を通して、泉大津市・忠岡町の地場産品の認知度向上や地域の各飲食店の活性化に繋げ、地域の皆さんの笑顔が溢れるまち泉大津市・忠岡町を作ってまいります。

 

まちには少しずつ明るい話題やニュースが増えてきています。今後さらに明るくなる話題を増やせるよう、我々まちづくり委員会が一丸となり、事業を通じて創意工夫を凝らして困難に立ち向かい、抜群のチームワークを発揮して諸問題を解決に導き、泉大津青年会議所が地域にとって不可欠な存在になれるよう貢献してまいります。

 

◎事業計画

1.会員の育成と組織力の強化

2.認知からつながる会員拡大への挑戦

3.7月例会の実施

4.卒業式の実施

5.全員で取り組む泉大津市制80周年記念事業の実施

ページトップへ