JCI 公益社団法人泉大津青年会議所

ABOUT US
泉大津青年会議所について

 

委員会事業方針

総務広報委員会

委員長 大西 拓

◎事業方針

泉大津青年会議所は今年、創立63年目を迎える歴史ある組織です。先輩諸兄姉の絶え間ない努力のもと、その長い年月をかけ、JCI泉大津は地域社会・関係諸団体との信頼関係を少しずつ紡ぎ、組織体制を発展させてまいりました。先輩諸兄姉から受け継いだかけがえの無いこの組織を絶やすことなくより良きものとして次の世代へと引き継いでいくことが必要です。

 

まずは、関係諸団体との信頼関係を確かなものとするため、新年互礼会を開催し2021年度のJCI泉大津が歩むべき方向性を明確に発信し、JCI泉大津メンバーが一丸となった「絆」を関係諸団体・先輩諸兄姉に参加し感じていただくことで、強い信頼関係を構築しJC運動の基礎を作ります。そして、メンバーがより出席しやすい環境作りのため、総会と新年互礼会の同日開催にも取り組み、両事業へのメンバーの出席率向上に努めます。さらに、より多くの方々にJCI泉大津を知っていただくため、各委員会との連携のもと、デジタルメディアを通じた広報活動を継続的に行い、効率的に認知度を向上させることで、JC運動や拡大運動を行い易い環境作りに取り組んでまいります。また、LOMメンバーに対しても、JC運動に参画し易い素地を形成するため、経験年数の浅いメンバーと積極的に連絡を取り合い友情を育み連携を強化しながら、JCプログラムを通してJCの根幹である会議運営をわかりやすく知ってもらい、JCI泉大津の次世代を担うメンバーを育成いたします。そして、これらの運動と並行しながらも、LOMの組織運営を堅実に行います。実務面を滞りなく行い総会を丁寧かつ円滑に運営し、メンバー間の連絡を密にすることで出席率向上に注力してまいります。

 

私たち総務広報委員会は、総務・広報の両運動を着実にこなし奉仕団体であるJCI泉大津の基礎を支えます。そして、その経験の中でメンバー一人ひとりが積極的に自己研鑽し、さらに、同じ目的のもとで協力し合い生涯続く友情を育みます。また、一連の運動発信を通じて、JCI泉大津が62年間育んだ信頼や組織運営の在り方を次の世代につなぎ、社会から求められる青年経済人へと成長するため、メンバー一丸となって行動してまいります。

 

 

◎事業計画

1.友情集う会員拡大

2.互礼会の設営及び実施

3.総会の設営及び実施

4.10月度例会の実施

5.戦略的な広報・宣伝活動及び集計

6.JCプログラムの実施

7.選挙管理委員会の設置

8.卒業式の協力

 

ページトップへ